HOME > ステロイドは必要か?

ステロイドは必要か?

ステロイドを使ったらアトピーが悪化したという噂が流れていますが、ステロイドとはどのような薬なのでしょうか。
実は人間の体には副腎皮質という臓器からステロイドホルモンが常に作られています。

このステロイドホルモンの働きによって、アレルギーを抑制したり、炎症を抑えたりすることが出来るのですが、この働きを利用したのが病院で処方されるステロイド剤なのです。
アトピー患者の多くは副腎皮質の機能が低く、ステロイドホルモンが生成されにくくなっています。

そのため低下した副腎皮質の働きを補うためにステロイド剤を利用するのです。
ステロイドはアレルギー反応を抑えてくれるため、有効な治療薬といえます。

しかしこの免疫抑制作用は正常な免疫反応さえも阻害してしまいます。
免疫反応は体に侵入した異物を排除して体を守る重要な生体メカニズムです。

しかしながら、ステロイド剤も変わった使い方をしない限り害はありません。
まずステロイド剤は炎症やかゆみを抑え、過剰な免疫反応を抑制するだけでアトピー性皮膚炎そのものを治す薬ではないことを認識しましょう。

その上で炎症やかゆみ、赤みがひどい時の火消し役として使う程度で良いと思います。
有る程度症状が改善したら、ステロイドの役目は終了です。

また症状がひどくなったらステロイド剤は必要になりますが、根本的にアトピー性皮膚炎を治す方法を他に考える必要があります。