HOME > アトピーのラップ療法とは

アトピーのラップ療法とは

ある日医師に勧められたラップ療法、ご存じでしょうか。患部にラップを巻いてアトピーを治すという方法です。
ラップを巻いてしまうと皮膚が呼吸できないので悪化するのではないかと不安になりましたが、効果がありました。

ラップ療法の利点としては皮膚の乾燥を防ぐことが出来るという点と、夜中の掻き壊しをする心配がないという点です。
外気に触れていないため、水分が蒸発しにくいので保湿効果が期待出来ます。

さらにラップを巻く前にステロイドなどの外用薬を患部に塗っておくとより効果が高まります。
ステロイドはどうしても使いたくないという方はラップを巻くだけでも良いと思います。

むしろ軟膏を塗ると新しく形成された皮膚が一緒に剥がれてしまうことがあるため、塗らない方が皮膚が剥がれなくて済むと思います。
症状が悪化するようであれば止めた方が良いですが、個人的に効果があったのでご紹介しておきます。