HOME > プロペトは使わない方が良い

プロペトは使わない方が良い

アトピーの治療によく用いられるプロペトですが、個人的には使わない方が良いと考えています。
というのもプロペトはワセリンをされに精製したもので、原料は石油です。

何故プロペトを塗るのかというと、お肌を保湿するためではなく、お肌を保護するために使うのです。
油ですので、皮膚表面に塗ることで油膜を張り、お肌を保護することが出来ます。

保湿剤ではないので、正しい使い方としてはプロペトを塗る前にしっかりと保湿しなければなりません。
プロペトを塗ることで水分の蒸発を防ぐという効果はありますが、油なので酸化しやすく、さらに熱がこもるので炎症やかゆみがひどくなります。

代謝を阻害する可能性もあるので、あえてプロペトは使わずに保湿剤だけの方が十分アトピーは改善すると思います。
あくまで個人的見解ですが、プロペトで症状が改善したという人はいると思うので、個人差はあると思います。