HOME > アトピーは遺伝するの?

アトピーは遺伝するの?

統計的に両親又は片方の親がアトピーであると、その子供がアトピーになる確率は高いとされています。
特に両親がアトピーであると、子供がアトピーに発症する確率はおよそ50%という数字が報告されています。

100%ではありませんが、遺伝的要因も発症に影響している可能性はあるようです。
例えば遺伝的に血液中のIgEという免疫グロブリン値が高いとアトピー素因を持っていると考えられ、発症の可能性があります。

しかしながらアトピーになりやすいというだけで、遺伝以外の生活環境も影響しています。
ダニなどのハウスダストが多い環境で育った子はダニに免疫反応を起こしやすい体になります。

同じアレルギー性疾患である花粉症も同様に、一定量の花粉が体の中に侵入してしまうと花粉症を発症するようです。
つまり、アレルゲンに接する時間が長い程、アトピーを発症するリスクが高まるのです。

そこでアトピーになりにくい環境を整備するには、掃除やバランスの良い食事が有効とされています。
掃除によってハウスダストを除去できますし、バランスの良い食事によって体質が改善、一定の食べ物ばかり食べ過ぎないという利点があります。

遺伝だからと悲観せずに対策を心がけましょう。