HOME > 冬だけアトピー性皮膚炎対策

冬だけアトピー性皮膚炎対策

夏はそうでもないのに、冬になるとアトピー性皮膚炎が悪化するという方は比較的軽度なケースだと思われます。
季節の変わり目というのは、気温や湿度など環境が変わっていきますから、症状が出やすいと言われます。

衣替えなどによって、家の中のダニやホコリが原因で症状が悪化するという人もいます。
また春や秋に悪化するという方は花粉が原因なのかもしれません。

特に冬にアトピー性皮膚炎の症状が出るという方は、高い確率で乾燥が原因でしょう。
この季節は誰でもお肌がカサカサと乾燥して、かゆみや皮剥けがひどくなります。

皮膚の乾燥がバリア機能の低下をもたらすことはご存じでしょうが、外部刺激に弱くなり、かゆみや炎症を引き起こす元ともなるでしょう。
対策としては、皮膚が乾燥しないようにスキンケアをすることです。

冬だけアトピー性皮膚炎を発症するという方も出来れば一年中保湿は心がけたいものです。
また寒い季節はついつい長風呂をしてしまいますが、お風呂での対策も大切になります。

タオルなどでごしごしと皮膚を擦ってしまうと、皮脂を剥がしてしまうため、水分の蒸発を招く原因となります。
また熱いお風呂に長風呂をするのも、乾燥を招くため、禁物です。

入浴後はすぐに水分が蒸発してしまうので、スキンケアを行って、皮膚に油膜を作るようにすると効果的です。
季節ごとに対策は異なりますが、保湿はアトピーケアの基本です。