HOME > アトピーの原因

アトピーの原因

アトピーを発症する原因はいくつも考えられます。
しかしいくつもの要因が重なっていることが多いため、アトピーの原因を絞ることも難しいのです。

多くの場合はダニや埃がアレルゲンになることが多いと言われます。
アトピーというと食べ物にアレルギー反応を起こしたと考えがちですが、2,3歳までの乳幼児であれば、その可能性は高いです。

しかし有る程度成長すると、アレルゲンの上位はダニや埃、カビなどのハウスダストが占めるようになるのです。
最近ではマラセチアがアレルゲンの人も増えていますが、マラセチアは皮膚に常在するカビの一種です。

ちなみに乳幼児のアレルゲンが食べ物であることが多いのは、消化器の機能が未成熟であるためであり、未消化のまま食べ物が吸収されることが原因と考えられています。
乳幼児は腸壁にIgAの抗体が少なく、身体に害を及ぼす物質の吸収を妨げることが出来ません。

そのため乳幼児は食べ物に対してアレルギー反応を起こしやすいのです。
特に卵の白身(卵白)はアレルゲンになりやすいと言われ、大豆や乳製品なども要注意です。

また大人になってアトピーを発症する人は、皮膚のバリア機能が低下していることも原因として考えられます。
皮膚のバリア機能が低下していると、異物が皮膚内部に侵入しやすく、石鹸や洗剤に含まれる添加物や、汗、垢に含まれる汚れや細菌、衣類の擦れなどの物理的刺激もアトピーを発症する引き金となるのです。
この他にもストレスなどの心理的要因で自律神経やホルモンバランスの乱れが生じ、免疫力を低下させていることも要因として考えられるでしょう。