HOME > アトピーの原因は腸にある

アトピーの原因は腸にある

アトピー性皮膚炎の患者の多くは腸内環境が乱れていることが多く、特に重症のアトピー患者は大腸炎を併発しているケースがまま見られます。
腸内に炎症があると腸壁のバリア機能が正常に働かず、アレルゲンが腸壁から侵入し、アレルギー反応を起こしやすくなります。

アレルギー反応は免疫反応ですが、人間の体を傷つけます。
腸内に炎症を起こす原因は消化の悪い食事やストレスに起因する悪玉菌優位になっていることが考えられます。

善玉菌は腸内の腐敗を防ぎ、腸内環境を正常に保つ役割を持っていますが、悪玉菌が増えると善玉菌が不足していきます。
悪玉菌が増殖すると、腸内に有害なガスが発生し、腸粘膜を刺激して炎症を起こします。

消化の悪い食事とは特に動物性たんぱく質が有害とされ、アトピーを引き起こす要因のひとつと考えられています。
そのため、動物性たんぱく質の過剰摂取は避け、食物繊維やビタミンの豊富な生野菜の摂取を心がけましょう。

アトピーは皮膚の病気ですが、皮膚の保湿やスキンケアをするだけではなく、腸内環境を整えるような食事をしてみてはいかがでしょうか。
腸内環境を整えるにはごぼう茶も最適です。

ごぼう茶の作り方はこちらをご覧ください。