HOME > 保湿の鍵はセラミド

保湿の鍵はセラミド

アトピーの人は共通してお肌が乾燥しています。
乾燥したお肌はひび割れた状態で、低下したバリア機能を高めるために保湿は大切な対策です。

健康な人の皮膚は約20%程度の水分が保持された状態であり、20%を切ると乾燥肌と言われ、アトピー肌の人で、特に乾燥している人は水分量が数%という状態です。
しかしお肌を保湿するにはただ水分を補給するだけでは足りません。

セラミドは別名「角質細胞間脂質」と呼ばれ、角質層の細胞と細胞の間のすき間を埋める、いわば糊付けのような役割を担っています。
セラミドが細胞のすき間を埋めることで、水分の蒸発を防いでいるといえるでしょう。

そのためお肌を保湿した上で、水分が蒸発しないためには、セラミドをしっかり補給する必要があるのです。
ちなみにアトピー肌の人は共通してセラミド成分が不足した状態にあります。

そのため皮膚が乾燥しやすく、いくら保湿をしても水分はどんどんと逃げていってしまうのです。
乾燥した皮膚はバリア機能が弱く、生活の中からアレルゲンが侵入しやすい状態です。

しかしセラミドは食事から摂取しても、中々増やすことが出来ません。
そこでセラミドを配合した美容液や乳液を使うのがおすすめです。

保湿成分にはヒアルロン酸も有名ですが、セラミドと並んで強力な保湿物質といえます。
炎症や湿疹がひどい状態では保湿だけでは中々治りませんが、ある程度治まった状態では保湿をするだけでアトピーの症状の緩和、予防が出来ます。

特に炎症はないが、かゆみや鳥肌が目立ってきたら、アトピー予備軍といえます。
バリア機能が低下している状態なので、早めの保湿で対策を打ちましょう。

またセラミドを効率的に増やすには質の高い睡眠が必要です。
快眠の美容効果はこちらもご覧ください。