HOME > 便秘との意外な関係

便秘との意外な関係

アトピー性皮膚炎の患者の中には、便秘症である方が多く、およそ半数は便秘を併発しているようです。
腸内環境の悪化が免疫力の低下や免疫異常を引き起こし、アレルギー反応を起こしやすくしています。

実際に便秘だったり、宿便が腸内に残っている方の多くは、アレルギー発症率が高いとの実験結果が出ています。
便秘の原因は腸内の悪玉菌が優位の状態であることがあります。

普段便通が良いという方も、宿便が出ていないようであれば、腸内環境の細菌バランスが乱れている可能性はあります。
なお、悪玉菌優位の腸内では、善玉菌は排除されるため、ビオチンという成分が不足していきます。

ビオチンはアレルギーを予防するために必要であり、不足すると大腸癌などを発症する原因ともなります。
悪玉菌というのは総称であり、その種類は膨大になりますが、共通しているのは腸内に存在する嫌気性の腸内細菌といえます。

悪玉菌の一種であるインドールなどは、人間の体にとって有害な物質であり、体中を巡って、細胞に悪影響を与えます。
もちろんアトピー性皮膚炎を発症する原因ともなります。

腸内の細菌バランスが腸内環境の正常化に不可欠なのですが、何故バランスというような言葉を使うかというと、腸内に存在する善玉菌と悪玉菌の総数は決まっており、善玉菌の数が増えると、悪玉菌が減るという関係に成り立っているからです。
善玉菌にはご存じの通り、乳酸菌があります。

特にアトピー性皮膚炎を治すためには、善玉菌の数を増やす必要があるのです。
腸内に溜まった老廃物や宿便は善玉菌にとって大敵ですから、便秘や宿便を解消させなければなりません。

便秘の解消には食物繊維が有効であることは有名な話ですが、食物繊維にも種類があります。
不溶性と水溶性と呼ばれる食物繊維がありますが、それぞれ役割が異なります。

不溶性食物繊維は主に植物などの細胞壁から摂取され、腸壁を刺激すると言われています。
不溶性食物繊維の一種であるリグニンなどは水に溶けないため、腸壁に溜まった宿便を剥がしていきます。

昨今は日本人の多くは食物繊維の必要摂取量を摂れていない傾向があり、便秘に悩む人も多いことでしょう。
特にアトピー性皮膚炎の増加原因の一つであると考えられます。

食事のバランスを見直して、まずは便秘や宿便から治していくとよいでしょう。
ごぼう茶には便秘解消の効果があるので一度お試しください。